珈琲時間 2014年8月号 Summer 2020モデル 本・雑誌・コミック , ライフスタイル , ドリンク・お酒 , ソフトドリンク,/news/,modtekmedia.com,2014年8月号,Summer,626円,珈琲時間 本・雑誌・コミック , ライフスタイル , ドリンク・お酒 , ソフトドリンク,/news/,modtekmedia.com,2014年8月号,Summer,626円,珈琲時間 626円 珈琲時間 2014年8月号 Summer 本・雑誌・コミック ライフスタイル ドリンク・お酒 ソフトドリンク 626円 珈琲時間 2014年8月号 Summer 本・雑誌・コミック ライフスタイル ドリンク・お酒 ソフトドリンク 珈琲時間 2014年8月号 Summer 2020モデル

珈琲時間 特価キャンペーン 2014年8月号 Summer 2020モデル

珈琲時間 2014年8月号 Summer

626円

珈琲時間 2014年8月号 Summer



「珈琲時間」2014年 Summer 8月号
夏の ”水出し” アイスコーヒー
珈琲問屋×珈琲時間
欲しいが見つかる誌上カタログ!
コーヒー豆、コーヒー器具、コーヒーの淹れ方、味わい方の楽しみなど、
多面的な見方でコーヒーに関する情報が収集されたコーヒーの専門雑誌。

いつものコーヒーを更に美味しくする情報が満載です。

発行日:2014年6月26日
出版社:大誠社

透過式水出しコーヒー器具
2014珈琲時間-透過式水出しコーヒー器具のページを見る
浸透式水出しコーヒーポット
2014珈琲時間-浸透式水出しコーヒーポットのページを見る
マグ&シロップ
2014珈琲時間-マグ&シロップのページを見る

目次(一部)
[Special Issue 1]
乾いた喉を潤す至福の一杯
アイスコーヒーの誘惑

[Column]
・珈琲専門店のコーヒースイーツ
・涼を感じるGlass使い


[Special Issue 2]
毎日食べたいトーストレシピ
コーヒーのお供をもっとおいしく!
[Shopping]
あなたの”欲しい”が見つかる通販カタログ
珈琲問屋×珈琲時間
「自分で楽しめるアイスコーヒー用具」編

[Special Issue 3]
不朽の名作から個性豊かな新作まで
大人のコーヒーテーブルコレクション
[Regular Column amp; Information]
おすすめビーンズショップガイド
ニュープロダクション&インフォメーション
・連載 ローカル線で行くカフェの細道
・連載 日本のちょっと素敵なコーヒーカップ

ほか

珈琲時間 2014年8月号 Summer

グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ





午前
9:00~12:30
午後
16:00~18:00
第2・第4土曜日、日曜日、祝日は休診
木曜日・土曜日は午後休診



令和3年4月1日より、
池谷賢太郎医師が副院長から
院長へ就任致しました。
田中前院長は理事長として、
これまで通り診療致します。
池谷医師のご紹介はこちら

お知らせ

すべて

お知らせ

研修会・イベント

メディア・講演会




避難所で配給される食品は、おにぎり、パン、菓子類、カップ麺など、炭水化物(糖質)を多く含む食品に偏りやすいことから栄養素の不足や偏りが懸念されます。今回は、その中でも災害時のビタミンとミネラルの不足についてご紹介します。
緊急速報 ビタミンDでコロナ感染予防を
令和3年教育講演会

最高のクオリティーを目指す“感動を呼ぶクリニック創り”を

受付から始まり、医師の診察、検査、治療、説明、再び医師の総括、処方、栄養指導、最後に受付に戻って患者様への事務的説明、会計まで、すべてが輪のようにリズミカルに流れること、またその診療内容が各人に適切であることが感動の必要条件と考えています。またクリニックを支える裏方までもその精神がしみわたるように努力をしています。スタッフ全員で患者様が感動していただけるクリニック創りを目指します。
患者様のニーズは症状、検査異常に対して、的確な検査による迅速かつ正確な診断を行うこと。次に疾病に対しで最適な治療を行うこと。慢性疾患に対しては予想される治療期間、治療内容を示しながら最高の医療を提供すること。悪性疾患に対しては的確に内容を説明し、最適治療ができる病院と最高の医師を紹介することと考えています。当院はスタッフ全員で患者様お一人お一人に最適な個別化医療を目指します。
当院はアンチエイジング医療を行っています。将来起こりうる疾病を超早期に発見して、重大な疾病に至らない個別化予防医療を目指しています。当院の患者様は少なくとも90歳までは、介護無縁のwell aging (元気で健康な老後)を維持していただき、最後はピンピンコロリと悔いのない素晴らしい人生を送っていただきたいと考えています。がん予防も認知症予防もすべて適切な栄養と運動が基本となります。是非当院の栄養療法をお受けください。多くのがん患者様にも最も適切な栄養指導を提供しています。
感動を呼ぶクリニック創りを通して、患者様お一人お一人に寄り添った最適個別化医療を目指していくことを願っています。